花のコレクション展 Flower Collection 2018年3月6日(Tue)~7月20日(Fri)

アール・ヌーヴォーの宝石たちと
「季節をめぐる旅」へようこそ

19世紀末、ヨーロッパで華麗に花開いた
アール・ヌーヴォー様式。四季の花や昆虫を
取り入れた作品を時間とともに
鑑賞していただけます。
今回はモチーフの造花も添え、
皆様により身近に感じていただける
アール・ヌーヴォーの部屋にいたしました。

                            秋の太陽クロッカスミモザ昼顔シャクヤク     
                    

2018年の春は、4つのガラス展示室の内1つ“アール・ヌーヴォーの部屋”を「花のコレクション展」として展示しております。

作品紹介

クロッカス

春 Spring

ドーム兄弟 Daum Frères
花器「クロッカス」Vase “Crocus” 1900年頃

芽吹きの春。彩が散りばめられた明るい花々が咲きます。

昼顔

夏 Summer

                        

エミール・ガレ Emile Gallé
ランプ「昼顔」Lamp “Calystegia Japonica” 1900年頃

じめじめした梅雨を抜けると夏本番。昼顔やベゴニアの花に、クワガタや蛙などの夏の昆虫の作品が楽しめます。

ドーム兄弟 花器「西洋かぼちゃ」 1900年頃
▲ドーム兄弟 Daum Frères
 花器「西洋かぼちゃ」Vase“Western Pumpkin” 1900年頃
 エミール・ガレ ランプ「トンボ」 1899年~1920年
▲エミール・ガレ Emile Gallé
 ランプ「トンボ」Lamp“Dragonfly”
 1899年~1920年

秋 Autamn

収穫の季節。トンボが飛び交う中でカボチャやブドウも実りの時期を迎えます。

ミューラー兄弟 花器「枯草」
▲ミューラー兄弟 Müller Frères
 花器「枯草」Vase "Withered grass" 1903-1914年
エミール・ガレ 花器「カタクリ」1900年頃
▲エミール・ガレ Emile Gallé
 花器「カタクリ」Vase "Dogthooth violet" 1900年頃

冬 Winter

凍てつく寒い中で花の可憐さや力強さを楽しんでいただけます。

春スイーツ&春の新商品

この春いちおしの新商品をご紹介します。

さくらスイーツ

さくらスイーツ(ドリンクセット【1,500円】)

ふわふわの生地に飛騨のいちごソースと桜のソースをお好みでかけてお召し上りいただけだけるこの春限定のスイーツです。

さくらとうさぎ

さくらグラス 

サンドブラストによるさくら文様とウサギが春の訪れを感じさせてくれます。キャンドルとしてもお使いいただけます。あたたかい桜色に灯ります。。

さくらのお箸置き

さくらの箸置き(桜5つセット:5,500円)

食卓がパっと春色になります。毎日の食事も楽しみに。

さくらキャンドル

さくらの香りキャンドル

さくらの香りがふんわりと毎日を明るくします。蓋を閉めると香りはなくなるので、シチュエーションで使い分け可能なのも嬉しい春商品です。